「証し」

  • 彷徨する人間像から神を賛美する絵画へ

 少年時代に水彩連盟展という大人の美術団体展に入選して以来、絵画制作が生きる目的となりました。将来、一流の公募美術団体展で認められ、画家としての地位を確立するという夢を追っていました。そして、華やかな公募美術団体の展覧会会場の真っ白な壁面に自分の大作が展示され、多くの人たちに鑑賞されるという夢が実現していきました。創作活動の障害になると思い、意識的に結婚を避けていましたが、20 代の後半、キリスト教徒の女性と出会い、交際するようになりました。誘われるままに教会に足を運んだのが、キリスト教との最初の出会いです。そして1967年、神様の御前で牧師先生の司式により結婚しました。でも本音は、全能の神が存在し、人も動物もすべて神が創造したなどとは、全く信じることができませんでした。ただ、教会は自己中心的で強烈な自我を和らげてくれる不思議な場所であり、教会員の人たちにもさわやかさを感じていました。皆が親切に私を迎えてくれましたが、美術団体の人間関係や創作活動に夢中で、次第に教会に足が向かなくなり、信仰の道から遠ざかってしまいました。

 それから15年余りたちました。そのころ住んでいた所はアトリエが道路に面していて、近所の子どもたちが大声をあげて遊ぶのが気になり、ラジオや音楽を聴きながら創作活動をしていました。ある日、妻が教会から借りてきた説教のテープを聴いた時、心引かれるものがあり、いつの間にか説教のテープを絵画制作のBGMのようにして聴くようになりました。ちょうどそのころ尾山令仁牧師先生の現代訳聖書が刊行され、聖書の世界に引き込まれるようにして1ヶ月ぐらいで全部読んでしまいました。なにか重厚な絵を見ている感覚でした。それをきっかけに再び教会に通い始め、キリストの十字架の死、復活、永遠の命の意味が、理屈ではなく自分のこととして理解できるようになりました。聖霊様が私の中に入り聖められた事を実感し、1985年のイースターに洗礼を受けました。それまでは、自分の思うようにいかない人生、世の暗い部分ばかりが見え、絵画のテーマは暗い空間に浮遊している人間像が中心で、苦境をのり越えて強く生きていくのが人生だと,思っていました。受洗してからは、イエス様により頼んで生きていく幸せを強く感じ、空虚な日々から解放されました。
現在は、聖書から取材したものや牧師の説教から受けたものを題材にしながら、神様の栄光、神様への賛美をテーマに制作しています。


 「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、すべてが新しくなりました。」

(コリント人への手紙第2 5章17節)

PAGE TOP▲

inserted by FC2 system