現在の制作過程

  • 聖書取材について
 【聖書】の言葉をただ説明的、装飾的に写し取るのではなく、聖霊の導きによって、想いを画面に定着していく。手で描くのではなく…祈りを込める。全身全霊で画面に吹き込んでいく。 想いを身体を通して引っ掻き、削り、叩き込んでいく。このプロセスの繰り返しで制作時間が流れていく。 複数の作品を平行して制作する事が多く、行き詰まった作品はそのまま放置し、月日を経て凝視すると、新しい造形が生まれてくる。 下塗りを厚くして乾燥させてから、インターネットで教会の礼拝賛美や牧師の説教を聴きながらカンバスに向かう。エスキースは数多くしないで、聖書箇所を如何に造形化するか、心震えて直接カンバスの中で格闘している。 色彩と形体との絡み合い、信仰のムーブマンと造形のムーブマンが一致すれば傑作が生まれると信じてカンバスの中で格闘している。
  • 「神との対時」
キリスト教美術の始まりは、ローマにあります古代の地下墳墓(カタコンベ)の壁画や天井画であると云われています。これらの描き方は当時のローマ帝国時代の影響が強いとされているのが一般的ですが、美術史の、M・ドヴオルシャツクは、「墳墓壁画は推拙で原始的美術では決してなく、模倣による理想的人体、また均整をめざす古典美術に対し、全く新しい芸術表現である…それは、描かれたものの精神が時間や地上の束縛から解放され、無限の世界において表微されており、究極の芸術目標として、この最古のキリスト教絵画は、同時代の異教的絵画とは全く相違しているものである。」と語ります。 安富氏は、いつも聖書を前にし、聖霊の導きを求めて筆を進めておられると聞く、そこにあるのは、この世の流行や可憐な世界への憧れではなく、今、自分を支え、生かしている目に見えないお方への信仰であり、そのお方との壮絶な闘いである。 罪ある者と聖なる者とが互いに関わるほどの壮絶な闘いはない。その格闘の中からついに色と形が生まれ出て、人々の前に現れたのが安富氏の一連の作品ではなかろうか。そして、その激しい闘いを一向に辞めないのは、それが安富氏に与えられた天職であるからに違いない。 安富氏は地下墳墓から始まったキリスト教美術の本質を、現代にまで受け継いで、おられるのである。安富氏の作品には、大地を揺り動かす風があり、そこに強烈な光が差し込んでいるようです。

町田俊之(バイブル&アートミニストリーズ代表)

PAGE TOP▲

inserted by FC2 system