光よ。あれ。

初めに神が天地を創造した。
地は形が無く、何も無かった。やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。
そのとき、神が「光よ。あれ。」と仰せられた。すると光ができた。
神はその光をよしとみられた。
そして神はこの光と闇を区別された。神はこの光を昼と名づけ、この闇を夜と名づけられた。
こうして夕べがあり、朝があった。第一日。

旧約聖書:創世記1章1〜5節
87kokuten
2013 第87回国展【創世記III】 東京基督教大学に収蔵

教職員の皆様と記念撮影

PAGE TOP▲

inserted by FC2 system